妊娠中の貧血

産後の貧血にはレバーで改善

私は妊娠8か月頃から貧血が進み、病院で栄養士から栄養指導を受けたりしたこともあります。食事やサプリを摂取して気を付けていましたが、貧血は進んでしまい、内服を始めることになりました。

妊娠中からの貧血

特に自覚症状がないのに、貧血といわれ、内服をすることがつらかったですね。

そして妊娠9カ月に入り、赤ちゃんが逆子で帝王切開が確実になるということが分かりました。手術となれば更にそれが引き金となって貧血が進む可能性もあるし、貧血がひどければ、産後の回復にも影響があると言われ、手術前には2週間貧血の注射にも通いました。

これで貧血が改善し、赤ちゃんが無事に産まれて、自分も問題ないならという気持ちで出産までを迎えました。

レバーで乗り切った貧血

出産はやはり帝王切開。しかし出血量は思ったほどではなく、術後急激に貧血が進むということはありませんでしたね。ただ回復をよくするために、病院では貧血食が出ていました。

レバーを中心とした料理で、しっかり摂取することが出来ました。はじめは苦手にしていたレバーですが、病院の食事でそれも克服することが出来ました。

産後の経過もよく、術後は麻酔や疲労の影響もあったためか2~3日は眩暈がするようなこともありましたが、その後は症状は全くありませんでした。

その後産後の一カ月検診を迎えましたが、貧血も大したことはなく、治療の必要性もないということで安心をしました。

やはり貧血がない人でも妊娠をきっかけに貧血になることもあるし、注意が必要だなと感じました。