食生活で貧血を改善

氷食症の症状に悩まされ、食生活を変えて少しずつ改善

妊娠中に極度の貧血に悩まされました。不思議と貧血の自覚は無いのですが、階段の登りで凄く疲れる、寒くても氷が食べたくて仕方がない等の症状に悩みました。

貧血の症状の一つ氷食症

とにかく真冬でも氷を食べたくて食べたくて、氷は毎日魔法瓶にぎっしり詰め、職場に持っていきました。氷を食べていないと落ち着かず、家族にも心配されていました。

スーパーやコンビニで売っている大きな氷の袋も、2日と持たないのです。典型的な氷食症の症状でした。

鉄剤が体に合わずに食事で貧血を改善

病院では毎回検査をし、鉄剤の処方をされていましたが、これが体に合わず、悪心とひどい便秘に悩まされ、何とか食事で改善出来ないかを試行錯誤しました。

レバーは野菜と煮た物をフードプロセッサーでペースト状にし、スティック野菜につけて食べました。毎日レバー料理を作るのは大変なので、少し多めに作り瓶で保存していました。

また、鉄分の多い小松菜を沢山買い、細かく切った物をジップロックに入れて冷凍しておき、毎食の味噌汁に入れて食べていました。

食生活で貧血を改善
食生活で貧血を改善

負担になると続かないため、なるべく楽に続けられるようにを考えました。これらを続けていると、極端な効果は有りませんでしたが、氷食症の症状が少しましになっていました。数値も低いものの、更に下がることもなくキープできました。