不妊の原因は貧血

若い頃から貧血気味、生理痛や生理不順も多く婦人科へ

10代の頃からすでに貧血でした。生理がきてからがきっかけだったと思います。中学の保健室の先生に呼ばれて個人的に指導されるほどでした。生理も不順で、生理痛もひどく病院にも通院していました。

不妊の原因は貧血だった

 
そんな私が結婚して、子供を産みたいと思いましたが、3年間できませんでした。そのころには、生理不順も治っていたし、何が原因かわからなかったので、婦人科へ行きました。その不妊の原因の一つが、貧血でした。

フェリチンという身体にためておく鉄の数値があるそうなのですが、それが病院の先生も見たことないという最低の数値だったのです。そこからは鉄を薬で補給、食事療法も指導されました。

不妊の原因は貧血
不妊の原因は貧血

そして妊娠中も貧血に悩まされ続けていた

その後、指導のかいもあり妊娠出来たのですが、妊娠中も貧血。

立ちくらみが激しく、つわりもあってなかなか食事も指導されたようには取れず、貧血の気持ち悪さもあってかつわりがかなりきつく感じてました。そこで服用したのは、妊娠中でも飲めるサプリメントです。

一日一粒でよかったので、吐き気があってもなんとか摂取できました。摂取するようになってから2週間くらいたってから、立ちくらみの回数が減り、つわりの症状も徐々にではありますが軽くなっていきました。

妊娠中ともあって、運転中の急なくらくらしたようなフワッとした感覚が怖かったのですが、サプリメントで結構改善されました。
 
今現在は出産後ですが、また貧血症状があり病院から薬を頂いてます。貧血は妊娠中だとつわりが余計ひどく感じるので、個人的には妊娠前に改善しておいた方がいいと思います。