食事と鉄剤で貧血を改善していった妊娠期

妊娠前から貧血だったのでひどい時には鉄剤を処方されていましたが、妊娠中期に入った頃に本格的に貧血になり始め、なかなか改善しませんでした。お腹に赤ちゃんがいると赤ちゃんにも血液を回さないといけないので、貧血になりやすいんだそうです。

仕事中に貧血の症状

私が妊娠中貧血がひどくなりはじめたは、妊娠5ヶ月頃のことでした。その頃まだ会社に通っていた私は、普通通りに仕事をしていました。

しかし仕事途中、突然気持ち悪くなり、めまいがしてしまいました。

他の社員の方々も、私が妊娠中であるということを知っていたので、すぐに病院に行くようにと言って下さいました。

鉄剤と食事療法

妊娠中の食事
妊娠中の食事
すぐに病院へ行って検査をすると、やはり貧血とのことでした。胎児のことを一番に心配しましたが、ママが貧血になっても、胎児には影響がないので大丈夫とのことでした。

主な改善方法は、食事療法と鉄剤の服用とのことで、その日は鉄剤を処方されました。食事はその日から、毎日気をつけるようにしました。

具体的には、ほうれん草、しじみ等の貝類、ビタミンCなどを始め、栄養バランスをとにかく考えて食べるようにしました。鉄剤も人によっては胃がむかむかしてしまう可能性があるので、合う合わないはあるのだと思います。

食事療法と鉄剤でだんだん良くなりましたが、それ以降も妊娠中は、また貧血にならないように気をつけながら過ごしました。

胎児に影響はないと言われていてもやはり心配です。貧血でふらついて倒れたりしたら危険ですし、やはり妊娠中の貧血は改善していくのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>