動悸息切れ

動悸息切れなどつらかった妊娠中の貧血

妊娠前からずっと貧血気味でしたが、妊娠してから貧血がひどくなってしまいました。つわりもあったので思うように鉄分が摂れずにいましたが、鉄剤を処方されてからはだんだんと食事が出来るようになり、食事からも鉄分を補給できるようになりました。妊娠中の貧血はとても苦しかったですが、赤ちゃんが無事に生まれてきてくれて本当に良かったです。

妊娠前から貧血気味

もともと妊娠前の健康診断のときから貧血の診断が降りていたのですが、特に対処もせず放置したまま妊娠。すると妊娠中はさらに貧血の症状が重くなりました。

妊娠中の貧血
妊娠中の貧血
妊娠初期のころは、つわりがひどくて食事が十分にとれず、妊婦健診のたびに注意をされていました。ですが鉄分の多い食材を食べようにも食べると吐いてしまうので食事からの鉄分摂取は難しく、さらに貧血が重くなっていたようです。

その頃の症状としては、少し動いただけでもドキドキして、目の前が一瞬すぅっとホワイトアウトしたり、息切れしたりするなどでした。それにいつも頭が痛くて、すぐに横になっていました。食事づくりや洗濯や掃除などの家事をこなすこともできず、家族に迷惑ばかりを掛けてしまっていました。

貧血がひどくなったので鉄剤を飲み始めました

あるとき、本格的に動けなくなってしまったので、妊婦健診のときにそれを伝えたところ、気持ち悪くなったり、便秘になるかもしれないけれど、おなかの赤ちゃんのためと思って頑張って飲みなさいと鉄剤を処方されました。

最初のころは食事をとるのも大変だったため、鉄剤だけを飲んで胃がむかむかするのを必死にこらえていましたが、少しずつつわりがおさまるようになると食事と一緒に鉄剤を飲むことで、胃のむかつきを抑えることができるようになりました。

鉄剤と日々の食事で貧血を改善

妊娠中の貧血
妊娠中の貧血
胎児の分の血液の増加もあり、妊娠中期には鉄剤を飲んでいても立ちくらみや動悸がありましたが、鉄分を配合したウエハースやプルーンをおやつで食べたり、食事でひじきやホウレンソウなどの鉄分を豊富に含む食材ばかりを食べていたところ、少しずつ貧血が改善されていき、頭痛や動悸、息切れもしなくなりました。

また調理をするときには鉄のフライパンやヤカンを使い、鉄分を吸収を阻害するお茶などは一切飲まないようにしました。

あとは、母にすすめられたサジーというジュースを飲みましたがとても酸味が強く、あまり好みではありませんでしたが、赤ちゃんのためと思って頑張ってのみました。サジーというジュースは鉄分やビタミンも豊富に含まれているので、妊娠している体に良いと解説がありました。

そのおかげで後期の妊婦健診のときにはもう貧血ではなくなったものの、この状態を維持するために鉄剤を飲むことと食事やおやつでの鉄分摂取は欠かせないようにと言われて、ずっと続けていました。

貧血の頃はつらかったですが、無事に赤ちゃんを産むことができて本当に良かったです。
鉄剤を飲むこともいいですが、やっぱり鉄分の多い食事をとることは大切ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>