貧血気味

元々貧血気味だったので

元々貧血気味だったのですが、あまり深く考えたことはありませんでした。もうずっと貧血気味だったので、慣れてしまっていたというのも大きな原因ですよね。少しくらいくらくら来ても、まあ大丈夫か、、、みたいな感じでずっときていましたから。

貧血はいつものことだからあまり気にしていなかった

ところが妊娠してからさらに貧血になりました。ずっと貧血気味で、毎年会社で行われる健康診断でもヘモグロビン濃度の数値がギリギリでかろうじて貧血ではないというくらいの数値が出ていて、少し寝不足や食べることを疎かにすると立ちくらみを起こしたりすることがありました。

それが、最初はまだ妊娠していると気づいていなかった時期に、最近やけに寝起きが悪くてだるさが抜けないと思ってはいましたが、産婦人科で妊娠がわかった時にやはりそれは軽く貧血になっていると言われて自覚しました。

正直、貧血気味ではありましたがそれまではそんなに深刻に考えたことがなかったのですね。少しふらっと来ることはあっても基本的には健康でしたから。

赤ちゃんへの影響を考えると怖い

しかし妊娠している時の貧血は、母体である自分の体だけではなく胎児にも大きな影響があると聞いて、ぞっとしました。これまで軽く考えていてそのままにしておいたせいで、赤ちゃんが未熟児として生まれたり発育が悪くなったりしたら、自分はともかく赤ちゃんが可哀想ですからね。

お医者さんで鉄剤を処方してもらって飲んでいましたが、やはり元々便秘体質としては便秘が悪化して辛かったので、出来るだけ食べものから鉄分を補給しようと頑張りました。

食事なんとか鉄分を補給

妊娠中の貧血
妊娠中の貧血
つわりで吐き気がして殆ど食欲のない時にも、鉄分の多くて比較的癖がなくて食べやすかったホウレンソウや小松菜を茹でて食べたり、胡麻のペーストをトーストしたパンに塗ったものを食べたり、ひじきを煮たものをオムレツにしたものなど、ちびちびと少しずつ食べるようにしていました。

それからビタミンCを一緒に摂ると血が作られやすくなるというので、柑橘類を一日半分は摂るようにもしていました。吐きづわりが収まった後は、赤みの肉や豆腐などのたんぱく質なども摂るようにしていたら、なんとか貧血と診断されるラインから抜けることが出来ました。

正直いって吐き気がする時に口の中に押し込むようにして食べていた時期は苦しかったですが、健康で生まれてきてくれた子どもをみると頑張って良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>