妊娠中の疲労感

妊娠中の疲労感・倦怠感、睡眠不足

妊娠中の貧血とはちょっと違うのですが、妊娠がわかった頃から出産するまではいつも倦怠感があり、頭がぼーっとして眠いことがとても多かったです。臨月に近づいてお腹がだいぶ大きくなると、赤ちゃんが動いているのがわかって夜中に何度も起きました。睡眠不足と倦怠感で、何もする気が起きない日がとても多かったのを覚えています。

眠さの犯人はプロゲステロン

常に眠いって、なかなか辛いものですよね。この眠さの犯人はプロゲステロンという物質らしいのですが、生理の時にも増加するらしいんです。妊娠すると妊娠黄体を刺激してさらに増えるらしいんですね。

妊娠初期は本当にねむく、貧血もプラスしていつもふらふらしていました。妊娠中期になると眠気も収まってくるようなのですが、この辺は個人差もあるのかもしれませんね。私は出産するまで眠かったです。

結局出産しても授乳のために夜中に何度も起き、睡眠不足でフラフラでしたが・・・

妊娠後期の疲労感や睡眠不足

妊娠後期になると、初期とはまた少し違った理由で倦怠感や疲労感、睡眠不足になっていました。

お腹が大きくなってくると、ちょっと動くだけでも体力を消耗してしまいますよね。胃も圧迫されるので、だんだん食べる量も少なくなってきて余計に疲れてきてしまいますよね。

臨月に近づいてくると、お腹の中の赤ちゃんの足の力もずいぶん強くなって、肋骨の内側を足でゴリゴリ蹴られて夜中に何度も何度も目が覚めていました。この頃から睡眠の形が赤ちゃんと同じペースになっていくようで、出産してから授乳するための睡眠になっているようです。

確かに、出産後しばらく昼夜構わず1、2時間おきの授乳で常に睡眠不足になってしまいますよね。出産前から少しずつでも慣れていかないと、突然この授乳ペースに変わるのは体の負担になってしまいそうですね。

妊娠中のマイナートラブルってたくさんありますが、いくつか症状が重なってしまうとずいぶん精神的にもダメージを受けてしまいやすくなってしまうと思います。

特に妊娠中は心もデリケートになっている時です。一つでも妊娠中のマイナートラブルはなくしたいですね~ 家族の協力も必要なのかもしれません。

母にすすめられていたサジージュースがまだたくさん余っていたので、忙しくて自分の食事がとれなかったりした時に飲みましたが、疲れている体の回復が早くなったような気がしました。どうやら疲労回復にも効果があるみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>